自分に合ったものを選びましょう

2016年6月21日 / 未分類

育毛剤の効能は混ぜ合わされている成分によって変わりますから、自分の毛髪の状態に合ったものを選びましょう。

上等な育毛剤ほど薄毛でなくなる効能があるかというと、必ずしもそうではありません。調合されている有効成分と配合の量が自分に丁度良いかどうかが肝心です。
一説によると、運動不足は薄毛につながるとか。

髪の毛が成長するには栄養分を運搬する血流がものかなり重要なのです。男の人の薄毛は血流が悪くなり、抜け毛の増加につながるといわれていますね。

そのようなことから、運動不足と薄毛には関わりが深いといえるでしょう。

体を動かして、血の巡りを良くすると薄毛による悩みの解消につながります。
髪の健康に有効なものはたくさん挙げることが出来るのですが、その一つが、ミツバチの創る、蜂蜜です。

蜂蜜は、栄養成分として、ビタミン類(ビタミンB1(日本では、1910年に農芸化学者の鈴木梅太郎氏が発見したそうです)、B2、葉酸など)をふくむほか、ミネラル(カルシウム、鉄など)の含有率も高いことで知られます。
共に摂るおススメの食材として、ゴマがあります。ゴマと共に摂取することで、一つずつ摂るよりもさらによい効果を得られますので、混ぜ合わせてバターの代わりにパンにぬるなどして、毎日のご飯で、ゴマ+はちみつを意識して取り入れるようにしてちょうだい。また、はちみつ+シャンプーあるいはリンスといったように、ヘアケアに活用する事もおススメです。刺激を減らし、やさしくケアする事も出来るのです。頭皮が湿っていると育毛剤の効果が出にくいので、湿っておらず、乾いた状態で使っていくようにしてちょうだい。
育毛剤を行き届かせるためにも、頭皮に揉みこんでいくようにして用いましょう。
そして、育毛剤を使用したからといっても即効果が出るわけではないので、少なくとも、5、6ヶ月はつづけて使ってちょうだい。ゴボウ茶が育毛に良い食品として挙げられることがあるのですが、それはきっと、ゴボウ茶を飲むと血行が良くなるからでしょう。

薄毛 病院 東京

ゴボウ茶の成分を調べてみても、育毛に有効とされる成分を多く含んでいる、いうりゆうでは無く、血行が改善されますから、末端にある頭皮の毛細血管にも栄養が届きやすくなり、頭皮トラブルを防いで、抜け毛やフケ、かゆみも改善してくれそうです。

そしてまた、ゴボウにふくまれる栄養素(不足していると、体調不良が起こってしまいますし、食欲が異常に湧いてくるなんてことも)には、他の野菜より食物繊維がとても多く、皮にあるポリフェノールには抗酸化作用(カタラーゼやペルオキダーゼなどが抗酸化酵素として代表的です)があるとされます。

よく言われる「血液サラサラ」という状態にしてくれます。

こうして、血液の質を良くすることで、血行の改善につながり、ひいては頭皮の健康に繋がっていくというわけです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る