お灸は冷え性の改善に有効

2016年6月6日 / 未分類

葉酸には、胎児の正常な発達をサポートをするはたらきがありますので、葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が一番良いですね。
効率的な摂取のタイミングは、食後30分以内の摂取が理想的です。なぜなら通常のご飯で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸のはたらきが活性化します。逆に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、葉酸が効率的に働かないだけでなく、胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。ですから避けた方が無難です。妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかもしれません。体が冷えて血のめぐりが悪化すると、栄養素が体のすみずみに至らなくなり、正常なホルモン分泌ができず卵巣・子宮の機能が低下する事が知られています。

古くからあるお灸は冷え性の改善に有効です。

血液の循環を良くして自律神経のはたらきを促し、ツボ刺激による癒し効果もあります。

冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)を創りましょう。
クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。不安に思い初めたのは結婚から2年目くらいですね。タイミングを見計らって努力しても、授かることができず、お友達知人が妊娠したという話を聴くたびに、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。

クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに沿う時間をおかず妊娠する事ができました。病院に根拠のない抵抗感を持っていたのは間違いでした。もっと早く来たかったですね。

ビタミンBの一種である葉酸は、さまざまな食べ物に含有しています。

たとえば、フルーツの中では、代表的なものにイチゴやライチがあると知られていますね。

それ以外では、柿やキウイフルーツ、またはアセロラにも多くふくまれています。柑橘類も葉酸が豊富な事で有名です。
ですので、葉酸を手軽に摂取しようと考えるならば、ジュースで補給するのも良い方法だといえますね。一度目の妊娠の時、流産してしまいました。

とても悲しくて、しばらくおこちゃまのことは考えられなかったのですが、流産してから1年後くらい経つと、「おこちゃまが欲しい、諦めないようがんばろう」と決めて妊娠に向けて、準備を初めるようになりました。

身体の調子を整え、妊娠しやすい体になろうと考え、以前から冷え症に悩まされていた私は、運動することを思いつきました。

結果は、意外とうまくいきました。
新陳代謝が上がったため、低体温が改善し、基礎体温が上がったので冷え性を治すことが出来ました。

自分の体が改善されたことを実感できて、ますます妊活をがんばろうと思いました。妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に葉酸が注目されている事をご存知ですか?水溶性ビタミンの一つである葉酸は、適切に摂取をつづけることで、神経系障害といった先天的な障害の発症リスクが低減されたという報告があるのです。厚生労働省の発表によりますと、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。胎児の健康を考えて、妊娠している女性は持ちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、積極的に摂取した方がいいと思います。

いまの不妊状態から脱出するのに、ご飯を見直すことも一つの手かもしれません。栄養を持とに卵子も精子も作られているので、食生活(食生活によって、健康状態が大きく変化するでしょう)が劣悪だと受精しやすい活発な卵子(精子)と、望めません。

育児は体力勝負と言いますが、妊娠は健康が大事です。
健康的な食生活(食生活によって、健康状態が大きく変化するでしょう)を心がけ、体をつくる時間を愉しむ「ゆとり」も大切です。いわゆる胎児期に、赤ちゃんは母体から100%の栄養をもらいながら細胞分裂を繰り返し成長していきます。

ここで葉酸が大切なはたらきをするので、妊娠初期に葉酸が必要不可欠だと言われるのです。葉酸は一般的な食品にも含有している栄養素なのですが、単体では吸収されにくいという特長を持っているため、多様な栄養素を含有した、総合サプリメントによる栄養補給が御勧めですね。

しかし、不足しがちな栄養素を考慮した時に、葉酸のほかに一体どの成分に注目すればよいのか判断の基準がつかず、困ってしまうという方も居ますよね。

総合サプリの選び方で悩まれている方は、粉ミルクの成分を参考に、総合サプリを選ぶようにすれば間違いないと思います。

妊婦おすすめ化粧品

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る