「2016年03月」の記事

牛乳と育毛

2016年3月25日 / 未分類

牛乳が育毛においては悪い影響があるということが、徐々に明らかになっています。
それは、牛乳が含有するタンパク質が動物性である為です。植物性タンパク質は多くの場合、体に良いとされ、摂取が推奨されますが、動物性のタンパク質のほうは、血流を悪化させる作用があり、髪が元気でいるための栄養も流れにくくなり、結果として毛が抜けてしまいます。

タンパク質の摂取は、健康のためにはとても大切ではありますが、動物性のものは、摂取をひかえることをおすすめします。また、亜鉛が体に取り込まれる際、カルシウムがそれを阻んでしまい、せっかくの亜鉛が吸収されず、育毛のために活躍できなくなってしまうので、水分を摂る際は牛乳以外で、ということを心がけるべきです。一般的な育毛剤は、デリケートな女の子にとって、どうしても肌に厳しい商品が多くなっています。しかし、この柑気楼は化粧水のように肌にソフトでマイルドな使用感が女性にも支持されています。また、口コミによれば、無香料、無添加で弱酸性という所が売りのようです。
肌が弱い女性においても、安心してご利用いただけるという訳ですね。

育毛とまったく関係なさそうに見える「平均体温」。

あなたは普通より低くないでしょうか。
体温は育毛と直接的に結びついているといっても過言ではありません。体温が低くなると免疫力が弱まることが知られていますが、血行が悪くなり、体全体の代謝機能が悪くなります。健康な状態なら頭皮の温度は寒くても一定に保たれているものですが、代謝が悪いと温度が下がったり、逆に暑いときにはのぼせてしまったりします。

発毛能力や地肌の回復力が鈍くなってしまうので、平均体温を底上げするのは大事なことです。

運動も効果的ですが、体温の低い人はすぐもとの状態に戻ってしまうため、家での入浴をオススメします。ゆっくり体を温めて、血行が良いうちに体を休めると、体に良い状態が維持されやすくなります。
また、体を冷やすような食べ物を取り過ぎない、冷やした体をそのままにしない、体温を上げるといったことを心がけることが大切です。
健康な髪のために必要な栄養素には亜鉛があります。

とはいえ、育毛のために食事で亜鉛を取り入れることが身近な方法ですが、効率良く吸収できないため、それほど容易ではありません。
亜鉛が含まれる食べ物を食事に取り入れるだけでなく、体への亜鉛の吸収を妨害する食べ物などは食べないようにしましょう。

髪を元気にしたいのだったら、サプリでの亜鉛摂取は手軽で、確実です。育毛に良いと言われている食べ物や生活スタイルは多々ありますが、なかには「必ず押さえておきたい」ということもあります。血行促進と、それにつながる習慣について考えていくのが良いでしょう。
血液の低栄養状態も良くないのですが、運動不足や過食などによって血行が滞りがちになると、髪の生育を維持していくための栄養素や、発毛させるための物質が頭皮や毛根まで行き渡らず、血液を介した正常な代謝ができないので老廃物がたまったままになり、炎症やトラブルが起きやすくなります。なるべく血液が流れやすい状態を作るように血中の脂質を下げるような食事をしたり、ストレスをためないようにして血行を妨げない生活習慣で代謝を良くしていきましょう。カロリー計算は大変ですが、脂質を避けたメニュー選びなら簡単です。暴飲暴食を控え、血液がドロドロにならないよう、暑い時期や入浴後には水分を充分にとりましょう。
適度な運動も効果的ですが、時間のない人でもストレッチやマッサージなら日常生活の中に取り入れやすいでしょう。「なんとなく」から血行を意識した生活にすることで、育毛効果が上がるので、できることからはじめてみてください。
育毛剤に含まれる添加物は何種類かありますが、繊細な頭皮に悪影響を与える恐れのある成分が含まれていることもあります。例えば、プロピレングリコールは男性の薄毛症状に効果的なことで知られるミノキシジルを配合するのに使われる成分です。このプロピレングリコールは頭皮のかゆみを発症する副作用が出る場合があるので、注意しなくてはいけません。あまりドライヤーの正しい使用法について意識することはあまりないでしょう。しかしながら、ドライヤーを当て過ぎるのはよくない、ということをご存知の方は多いようです。「大体乾いたかな?」といった程度でドライヤーの使用を切り上げた方が、髪の健康を損なわないためには、良いようです。

それから、髪にドライヤーを使う前に、育毛剤を利用して頭皮のマッサージを行いましょう。こうすることで、マッサージ後、予定通りドライヤーを使用し、その熱によって頭皮の育毛剤が、染み込み易くなることでしょう。

ドライヤーの熱は、毛髪を伝って頭皮までちゃんと伝わっていきますので、温風を頭皮に直接吹きかけるようなことを、しないようにしましょう。ドライヤーを活用することができるようになると、育毛の助けとなり得ますので、今までの使い方が間違っていないかどうか、一度チェックしてみると良いかもしれません。髪の毛が少ないことが悩みの人というのは食事内容が偏っていたり、食事の時間や内容がめちゃくちゃだったりする場合がよくあります。栄養がたくさん含まれている魚を食べることを常に頭におき、髪が育つ力を補助しましょう。

中でも青魚の成分であるDHAとかEPAというのは、血管の詰まりやすい状態を改善し、血行がよくなる効果があります。

体のすみずみまで新鮮な血液がスムースに巡り、心臓よりも高い位置にある頭皮まで栄養がしっかり届くようになることで髪の成長を促すことができるという理屈です。

一日一日の食事で魚料理を食べる習慣を少しずつ身につけていくというやり方で、身体も頭皮も元気になっていきますので、肉料理に目がいきやすい癖を自覚し、魚料理に注目することを念頭においてみてください。

AGA 専門病院 福岡

TOPへ戻る